行政書士法人A.I.ファーストでは、一部上場企業様から、
地域の事業主様の各種許可申請までを高い品質でサポートさせていただきます

葛飾区の建設業許可申請 行政書士法人A.I.ファースト

行政書士法人A.I.ファーストでは、東京23区を中心とする、東京都内や神奈川県、埼玉県、千葉県の建設業許可申請を初回の無料相談から親身に対応させていただいております。
お気軽にお問い合わせください。

建設業許可についてのお問い合わせ(葛飾区)

許可取得までの流れ

  1. ①確認書類の収集
    経営業務管理責任者、専任技術者の確認書類を集めるのは大変な作業です。特に経営業務管理責任者は、証明期間が許可業者の登記された取締役だった場合はスムーズですが、許可を受けていない業者での経験をもって証明する場合、その期間の工事請書などが揃っているかで変わってきます。
  2. ②申請書入手
    申請書は様式が決まっていますので、入手します。
  3. ③提出
    都知事許可を受ける場合、申請書は都知事に提出することになります。
  4. ④受理
    申請書を提出する時点で、窓口で確認が行われます。建設業許可の要件、記入漏れや必要書類の不備、確認資料のチェックを受け、問題がなければ受理されます。
    申請を行う前に必要書類や印鑑の押し忘れなど、確認は十分にしましょう。
  5. ⑤審査・許可
    都知事許可は申請書が受理される段階で実質的な審査を受けていますので、受理されれば、よほどのことがない限り許可が受けられることになります。許可が下りると、許可通知書を受け取り、手続終了となります。

会社を設立して許可を受ける場合は?

会社を設立して許可を受けようとする場合、登記完了まで済ませて、許可申請書に登記簿謄本を添付することになります。株式会社の設立には準備から登記完了まで約1ヶ月程度かかりますので、この期間を考慮した上での準備が必要となります。

会社設立の際には、許可を受けようとする建設業許可に沿って、事業目的、取締役、資本金の額などを整備しなくてはいけません。また、決算期も建設業を考慮した上で決定するべきでしょう。これらの設定を怠ると、許可を受けられないという結果にもなりかねません。